香りとハーブの寺子屋

 

Profile

 
高校はスポーツで有名な習志野高校。
陸上競技部に所属し毎日走らされてうんざりしていました(笑)
卒業後明治大学農学部に入学し、何を間違ったか応援団吹奏楽部に入部。
「先輩と書いて無理と読む」とっても厳しい環境の中、
ユーホニウムという地味な楽器を3年間吹き続け、
4年の時には「鬼の指揮者」と呼ばれながら指揮棒を振り続けていました。
 
というわけであまりにも勉強しなかったのでしっかり学ぼうと、
大学院修士課程に入学して食品保存学を専攻し、
チーズの油脂がなぜ酸敗しないかの理由を化学的に解明しました。
 
そして就職の年を迎えたら、なんとオイルショックで
どこも新卒採用をやめるという就職難。
何とか高砂香料工業株式会社に就職することができて、
一時期食品工場に勤務したものの、
すぐに合成香料の工場に転勤となり、
慣れない有機合成や化学工学で四苦八苦しながらも着実に成長し(?)、
研究所に配属となって香料の分析や精油成分の研究そして工業化検討、
合成香料の開発、天然物化学の研究、
パイロットプラントでの工業化検討などを行いました。
 
その後テクニカルセールスとして海外出張をしたり、
合成香料のコーディネート、
世界中にある工場の生産管理などを担当し、無事定年を迎えました。
 
2年ほどブラジルの食品素材輸入会社で顧問をする傍ら、
香り愛好家の人たちにサイエンス視点で香りを伝える活動や
本や雑誌の記事などの執筆をして、
顧問退任後は本格的にこの分野で活動することになり、現在に至っています。
 
 

一般社団法人香りの健康ライブラリー 理事
一般社団法人ハンドメイド石けん協会顧問
一般社団法人日本アロマ蒸留協会特別顧問
 
執筆
『ハーブティー その癒しのサイエンス』 (フレグランスジャーナル社)
『ビジュアルガイド 精油の化学』 (フレグランスジャーナル社)
『ビジュアルガイド 植物成分と抽出法の化学』(フレグランスジャーナル社)