HOMEに戻る

 
 

News

 
”クリスマスオーデコロンのお知らせ”
昨年好評をいただきましたクリスマスオーデコロン。今年は、昨年イニシャル入りボトルを購入された皆様に「詰替サービス」を行います。また、新規購入したのご希望の方には、男性用として(女性でもお使いになれる香りをです)「Floral Woody」そして女性用には今年の夏に発売して好評をいただいた「Breeze in Hokkaido」をご用意しています。
今回は先行予約となっており、11月末がお申し込みの締め切りとなっておりますので、ご希望の方、お急ぎください。
 
お申し込みはこちらになります  クリスマスオーデコロンお申し込み先

NEWS
 
森の香り里の香り”コンシェルジュ”、トレーニング&ライセンス講座を開催いたします。日本で育まれてきた精油について化学、生産管理、品質管理、森の香り里の香りの各論、そしてフレグランス素材としての活用などを学び、それを多くの人たちに伝え、日本の精油のことを広く知っていただく人たちを育成するプログラムです。
11月20日(水)にZOOMによる無料説明会を開催いたします。時間は「午後3時」と「午後8時」で1時間程度になります。ご都合のつく時間帯にご参加ください。
 
参加希望の方は、下記メールアドレスに、希望時間帯を記載して連絡をください。
linaloolia@wine.ocn.ne.jp
 


11月の寺子屋講座

ゲラニオールと酢酸ゲラニル Geraniol & Geranyl acetate(英語発音では“ジェラニオール”になります)
【基礎クラス】
ゲラニオールはローズ精油中に含まれている、力強いローズの香りを持った化学物質で、シス体はネロールになります。
分子式:C10H18O(分子量:154)
香り:フローラルグリーン、ローズ
作用:害虫忌避、抗炎症など
含まれる精油:ローズ、ゼラニウム、パルマローザその他各種精油。 ルとネロールが6:4の比率で生成します。ネロールはゲラニオールのシス異性体ですが、香りはゲラニオールよりもソフトで、調香師はネロールを好んで使います。
酢酸ゲラニルは ゲラニオールと酢酸がエステル結合して生成したものです。
分子式:C12H20O2(分子量:196)
香り:フローラル、ローズ、スイート
作用:
含まれる精油:パルマローザ、クロモジ、シトロネラ、イランイランなど
ゲラニオールに比べてややフルーティー感のある香りで、化学合成ではゲラニオールとネロールに酢酸を加えるためのエステル化反応を行います。
【上級クラス】
ゲラニオールとネロールはトランス/シスの立体異性体の関係にあり、香りに微妙な違いがあります。調香師はネロールの香りを好むため、合成したゲラニオールとネロールの混合物から「精密蒸留」という方法を用いてネロールを分離して調香師に提供することもしています。
生体内ではアセチルCoAとゲラニオールに酵素が介して反応が起こり、酢酸ゲラニルが生成します。
これと同じくプロセスで酢酸リナリルや酢酸ボルニルなどの酢酸エステル化合物が生成します。
一般には、酢酸エステル化合物は水に溶けにくく、対応するアルコール化合物は比較的水に溶けやすい性質を持つことから、ラベンダーのように酢酸リナリルとリナロールが存在する精油では、水蒸気蒸留によってリナロールが水に溶解するため、精油中の酢酸リナリルの含有量が高くなります。

更新情報

2019年7月4日 寺子屋講座「リナロール」
2019年8月1日 寺子屋講座「メントール」
2019年9月2日 寺子屋講座「シトラール」